築年数を確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅の価値は築年数によって大きく異なるということをご存じかもしれません。
確かに新築はかなりの価値があるのではないでしょうか。
しかしだからといって中古の物件に価値が無いということではありません。
出来るだけ新しい物件を探すことも出来ます。
例えば賃貸アパート物件を探すとき築年数にこだわってみるのはいかがでしょうか。
まずインターネットで検索する場合でも築年数を選ぶことが出来るようになっている賃貸サイトはたくさんあります。
ある人は10年以内のものを選択するかもしれません。
アパートで10年以内ならばかなり新しいと言えるでしょう。
中には築40年というものもあることでしょう。
都内などでは昔から経っているアパートが多く残されています。
築年数が多いほど家賃が安くなります。
しかし日本は地震大国なのではないでしょうか。
地震が起きたとき建物の中が一番安全だと言いますが、それでも自分の家が安全でなければ意味が無いでしょう。
それで築年数が経っていても耐震強度の高いものを選ぶようにしましょう。
耐震強度は不動産に聞いてみることが出来ます。
またある程度なら賃貸情報を確認すると良いでしょう。
そこには木造建築、鉄筋コンクリート構造など記載されているかもしれません。
そのようなものを見ることで地震に強い家を分析できます。
基本的に昔からしっかりと作られている家が今でも残っているのでしょう。
それでも耐震強度にこだわると自分を保護することになるかもしれません。
それでも築年数がかなり経っているものはその分価値があるのではないでしょうか。
国がお金を掛けてでも守りたいものなのかもしれません。
しかし私たちが住む場所としては幾らか不安な要素もあるでしょう。
それよりは築年数を現実的なものとしましょう。
築年数20年の賃貸アパート物件はとても多くあります。
それらをあえて検索してみるのも良いでしょう。
内装がきれいにされているところが多いので住んでいても心地良いのでおすすめです。

Copyright (C)2014どちらの情報も見る.All rights reserved.